ドライアイ(乾き目)の原因と治療

ドライアイ(乾き目)とは、目が乾くことで、目の不快感や視力の低下が起こるものです。
コンタクトやパソコン・スマホ使いすぎ、アレルギーの影響などが原因で目が乾いてくると、下記の様な症状が出てきます。
ドライアイの状態を放置することにより、角膜の表面に傷や障害が起こる可能性もありますので、早めに眼科医へ相談することが重要です。

 

症状


・目の乾燥感
・目がゴロゴロとした異物感を感じる
・見えにくい
・涙が出てくる

これらの症状を放置すると、眼精疲労(疲れ目)を引き起こすことがあります。
また、ドライアイの患者さんの中でも症状に気づかない人もいます。実はドライアイが原因で、頭痛、肩こり、イライラ、などの症状が出てくる人も多くみられます。

 

ドライアイの治療【点眼薬】

症状が軽症な場合は、潤いを維持させるための点眼薬を使用することで、症状を緩和させることが可能です。
当院では、患者さんの症状と目の状態などを考慮し、適した点眼薬の処方を行います。

点眼の種類


・人工涙液点眼:不足した涙を補う
・ヒアルロン酸点眼:表面の水分を保つことで、角膜上皮の修復を行う
・ジクアホソルナトリウム点眼:ムチン分泌の促進と涙液量を増やす
・レパミピド点眼:ムチン分泌の促進と粘膜の保護を行う(抗炎症作用)

 

ドライアイの治療【生活の改善】

日常生活の改善を行うことで症状が改善する場合がこざいます。
当院では、症状により日常生活の改善指導を行う場合もございます。

生活の改善


・スマホやパソコンの操作時に、瞬き多くし行う
・長時間の目を使う作業を行う場合、適度な休憩をとる
・コンタクトの装用時に加湿器を使用する
など

 

ドライアイの治療【涙点プラグ】

涙の出口である涙点に栓(涙点プラグ)をすることで、生理的に涙の排出を抑える治療を行うこともあります。
手術が必要と判断した場合は、近隣の基幹病院や大学病院と密に連携をとり、ご紹介させていただき場合がございます。

更新日:

Copyright© コバヤシ眼科 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.